uzu

cart

愛知県西尾市の草木染め手作り洋服店。藍染体験も人気。

渦について環境にやさしいお店を目指して

どこかで不要になったものを、
アイディアと感性で"面白い"に変えよう!!

そんなテーマを掲げ、環境にやさしいお店を目指しています。

そのきっかけは、
自分たちの街で起こっている身近な問題がきっかけでした。

渦のある西尾市一色町では、
日本最大級の産業廃棄物最終処分場の建設計画があります。
三河湾への環境悪化が懸念されており、この地域のたくさんの人たちが
問題に向き合い活動をしています。(Amor a Mikawawan


「モノを大切にする気持ちと、消費の両立。」

そんな意識を持つことが、第一歩だと考えました。
小さな取り組みからやってみること、まずはできることから。

だから、渦はこんな取り組みをしています↓


そもそも店舗が再利用



お店は、10年以上空き家で壊そうかどうか検討されていたばあちゃんの築70年を以上の古民家です。
駅もない立地が悪い田舎の家なので、資産価値はなく壊せば産業廃棄物、、、
そんな空き家問題は、全国的に問題になっています。

しかし、アイディアを出し合い、うまく利用し、働く人がそこにいれば
経済活動が生まれる立派な店舗です。
コツコツと自分たちでリフォームし、好きな空間、世界観を作りました。
廃材をたくさん使用し、ご近所の不用品の家具などもディスプレイとして使っています。

 

:染め終わったら畑へ

草木染めで使い終わった染料は、
ゴミとして捨てて処理するのではなく、畑へ埋めて堆肥にします。
これが、植物染料のいいところです。

西尾市のゴミ減量を目的とした補助金も利用させていただき、
コンポストも購入させていただきました。

 

:ペーパーレス化の実施

 

配送における納品書など、紙媒体である必要のないものは
できる限り電子メールなどに代用させていただくように変更しました。

資源節約の意識をお客様と共有するためです。
店舗内で使用した紙は、もちろん裏紙として使えるものは使います。

 

:地元の農産物をチェック

玉ねぎ、ニンジン、お茶など地元の農産物で染色しています。
農家の方を訪ね、使われることのない皮や葉っぱなどを頂きます。
農産物の不要品で染色し、有効利用できないかを日々模索しています。

 

:捨てられる生地を救出

機屋さんや問屋さんにある残反。
いずれ産廃として捨てられそうな
使われることのない生地を引き取りさせていただいています。

小ロット製作をする小さなお店だからできることです。

また、廃業された機屋さんの倉庫が壊されるとき、
捨てられる予定だった生地もなんとか使えないかと、
有効利用を考え、商品化をしています。

 

:製作物からでるハギレ

製作から不要なハギレの生地がでます。

小物作りのワークショップに使ったり、
パッチワーク用の詰め合わせパックとして販売したり、
ゴミの減量化をしています。

----------------------------

社会で不要になるものを、利用できないか。
アイディアによって、ゴミにしない。

身近に大きな問題があるからこそ、
環境への負荷をできる限り軽減することを日々模索しています。

  • 渦について/about uzu

  • 営業カレンダー

  • スタッフ&クリエーター紹介

  • 成り立ち/ HISTORY

  • 環境にやさしいお店を目指して

  • ACCESS

  • お問い合わせ