uzu

cart

愛知県西尾市の草木染め手作り洋服店。藍染体験も人気。

生地、染料について生地、素材について

“地域色をお伝えできるかどうか? ”

私たちは、「顔を合わせてモノづくりについて話す」ことを大切にしています。

そのため、製作するにあたり、気軽に足を運べる範囲内に限定され、
「三河木綿」「知多木綿」など、地元で織られるコットン素材をメインに製作するようになりました。

繊維加工に歴史のある愛知県三河湾沿岸部にお店を構えたことで、
生地から商品にするまでの一連の加工が、近隣で概ね可能であったという恵まれた環境でした。

直接、愛知県内の生地織元や繊維加工業者様に足を運び、その特徴と背景、ストーリーを学び、自分たちで触って素材を選定しています。

そんな背景から、生産者の想いやこだわりが非常に強く、高い技術であること学び、
なんとか皆様にお伝えできるような衣服のデザインを目指すようになりました。

多くは晒しをしていない(無漂白)の状態で仕入れ、
綿の油分や不純物が残った状態ですが、
ゆっくりとお湯につけてから染色し、コットン本来のもつ風合いを生かしています。

そんな生地や、加工の一部を紹介いたします。

 

【三河織物 平織り・綾織り生地 / 愛知県 西尾市産 】

西尾市は綿を祀る天竹神社があります。
1000年以上前に日本で初めて綿が伝わった地であり、
綿産業が最初に盛んになった地域とも言われています。(歴史についてはこちら)
近年では、自動車産業の発展とともに、産業用としても使われており、
強度や質感など、管理がより細かく徹底されている、綿100%の生地を使用させていただいています。
トップスや、エプロン、ベビースリング、作務衣などの製作で活躍しています。

【三河帯芯 / 愛知県 西尾市一色産 】

三河帯芯とは、愛知県三河地方の小幅織機でおられる帯芯の産地ブランドです♪

帯に、適度な堅さと厚さを与え、結びやすくする効果 、
汗による湿気を吸う効果、さらに、裏地の擦れ合いで傷みを防ぐ効果、
などがあるそうです。だから、細幅な生地は、
ハリとコシがあり、とっても丈夫で軽いという特徴があり、
その特徴を生かして小物などに使用しています。

渦のあるここ一色町では、
今尚、日本で90%以上のシェアの量が織られています。


【三河木綿 刺し子織り/ 愛知県 蒲郡市産 】

刺し子織りとは、凸凹とした柄などが入った独特の表情を持つ丈夫な厚みのある生地です。
柔道着、剣道着、消防法被、足袋など和をイメージする素材に使われてきました。
古いシャトル織機で、糸の張りを緩めて回転数を落とし、ゆっくりと織られる生地。
愛知県蒲郡産の綿100%生地は、地域ブランド「三河木綿」と呼ばれます。
中日新聞でも掲載されました。

 

【知多木綿 手ぬぐい 帆布生地/ 愛知県 半田市産 】


知多地域の綿産業の始まりは、
江戸初期の慶長(けいちょう)年間(1596年~1615年)に知多から江戸へ
生地を送ったことからとされています。
そして昭和に入り、知多・松坂・泉州が日本での三大綿織物生産地といわれ、
高品質の綿布が生産されてきました。
渦では、明治時代の小幅のシャトル織機で織られた柔らかくふんわりした手ぬぐい生地と、
丈夫な帆布はバッグなどに使用しています。

 

【知多織物ガーゼ/ 愛知県 半田市産 】

愛知県半田市で織られる知多地方のガーゼ生地です。
シャトルのドビー機で織られ、
2重、3重、その他ダイヤ柄、格子柄のある様々な柔らかいガーゼ生地があります。
織元は先代より、織り続けられ、その肌触りが抜群です。
晒しをせず、お湯にゆっくりつけることで、クシュクシュっとしたシワ感の風合いを作り出しています。

———————————————————–

国内繊維産業は縮小傾向の中、
近隣で織られている素敵な素材、繊維加工の技術の高さに感謝し、
"ローカルストーリー”を大切にしたものづくりをしています。

(原綿の国内供給率は限りなく0%に近い状態です。原綿の産地は海外となります。
織りや編みから、商品になるまでの過程が、当店での製作企画範囲となります。)

 

  • 生地、素材について

  • 染料について