uzu

cart

愛知県西尾市の草木染め手作り洋服店。藍染体験も人気。

生地、染料について染料について

当店では、自然素材の染料をメインに使って製作しています。
「手で染める、描く、色を組み合わせる」
ことで、独特の色味やデザインを作りだします。
(生産者の想いやストーリーをお伝えできる生地であるかどうかを軸に選定しており、
一部、外部にて先染めされた天然染料以外の生地を使った商品もございますので商品ページをよくお読みくださいませ。)

使用する一部をご紹介いたします。↓

【柿渋(かきしぶ)】

未熟な青色の柿を擦り潰して搾り、一年以上かけて発酵させたものです。
京都で作られる無臭柿渋を使用しているので、柿渋独特の匂いを気にせずにご使用いただけます。
柿渋液に含まれる「柿タンニン」には防水、防腐、防虫効果があり、塗布することで効果を発揮します。紫外線によって酸化が促進され、色が定着します。染色→天日干しを1か月ほど繰り返し染色します。

【藍:すくも 発酵建て】

日本の伝統の藍染方法です。
夏場の気温が上がって発酵が進む時期をメインに藍建てを行います。
徳島産、北海道産または自家製のすくもを灰汁で藍建てし管理をします。
効能も古くからも言い伝えられ、冷え性、肌荒れ、防虫、消臭の効果があると言われます。
こだわりの作品に使ったり、個別での注文などで人気です。
(※こちらは、量産に向かない染色方法です。藍染については、すくも とインド藍を価格帯を分けて製作していますので、ご購入前に商品ページをよくお読みくださいませ。)

【藍:インド藍 】

色鮮やかで、扱いやすい染料で沈殿藍とも呼ばれます。
染色中は 黄緑ですが、空気の酸素に触れ、酸化し、 藍色に変化します。
染め体験でも人気No.1 の染料です。
(※インド藍は化学建てをしております。すくも による発酵建て等の藍染めご希望のお客様は、こちらは該当いたしませんので、ご購入前に商品ページをよくお読みくださいませ。)

 

【ベンガラ

土中の酸化鉄を原料にした顔料です。
日本の暮らしにも古くから根付いている素材で陶器や漆器、
また防虫、防腐の機能性から家屋の塗料としても使われてきました。

 

【ヤマモモ

ヤマモモ(楊梅)は黄色やオレンジ、カーキなど様々 な色に染まります。
暖地の山に自生する、やまもも科 の常緑高木。樹皮は古くから染料として、特に魚網を染めるのに用 いられました。
塩水に耐えるというのも、染料の特徴 でしたが、合成繊維が出現してからはその方面には用 いられなくなりました。

 

【ログウッド

メキシコなどが原産の植物。鮮やかな紫に染まる植物染料は数が少なく、仏衣の染色にも使われていました。
(有名なナポレオンのコートにもこの染料が使われていたそうです。)

【茜(インド茜)

 茜は漢方薬としても使用されるほど、薬用効果の高い植物で、
浄血や造血など、血液にまつわる 薬効があることから、古来より女性に有効な 植物として重宝されてきました。血行促進効果もあると言われ、赤ちゃんの産着 や女性の腰巻の染めにも使用されていました。また、リラックス効果があるとされており、自然 殺菌や消臭効果、月経不順や 生理痛にも効果が 期待できると言われています。

【地元農産物

地元の畑から譲ってもらう人参、玉ねぎ、お茶など不要な部分を再利用しても染色しています。
「西尾の抹茶」は全国有数の産地、お隣の碧南市は「へきなんびじん」として、ブランド化されています。

--------------------------------------------

その他、季節の草木を使っても染めています。
天然染料は、経年変化により薄くなったり、
色味が変化したりします。長くご愛用頂いた後、
無料で染め直し”も 受け付けており、長くご愛用いただけます。

  • 生地、素材について

  • 染料について