uzu

cart

草木染め・オリジナルテキスタイルで作るカジュアルウェア

スタッフ日記〜パッチワークロンT製作の秘話〜2021.08.27

【デザイン部だより】ブログスタート!

今までOREOがメインでデザインをしていましたが、
これからはItomakiちゃんも加わってもらい、試行錯誤しながら商品ができる様子や、
おすすめの着こなし方など、色々とお伝えしていこうと思います♪


現在、力を入れているのが【パッチワークシリーズ】

縫製業者さんが裁断する際に出るたくさんのハギレ。どうしても製造上できてしまうけれど、
機屋さんが汗水垂らして作ってくれた生地を、できる限り余すところなく使いたい。
そのハギレを活用して新たな商品を生み出せないか、と試行錯誤してできたシリーズです。

夏にスタートしたツギハギトップスは、とても好評をいただきました。

生地の裁断される時の形や量などの制約がある中で、デザインが良いのはもちろん
縫製上の効率を考えるなど、あらゆる縛りの中で生み出します。
だから、裁断されたハギレとにらめっこしながら、ものすごく頭と時間を使います^^;

今回は、濃淡を生かして染め分けたガーゼをパッチワークロンTを企画中!
まずは自分で小さな形を作って切り貼り。
小さな生地を動かしたり、大きさを変えたりしながら、一番良い配置を模索します。
実は、これがかなり重要な作業です!
イメージは言葉や頭の中だけでなく、視覚化することで、より明確にアイディアが形になります!!
縫製をしてもらっているクリエーターのMAYAちゃんに
「こんな雰囲気がいいと思うんだけど、どう思う?」と相談しながら形を修正。

MAYAちゃんは、UZUiROと同じ町内校区に住むママ友でありながら、
当店の製作に加わってくれているクリエーターさんです♪


「じゃあ、一旦こんな雰囲気で作ってきま〜す!」と、MAYAちゃん。
今までアイディアからサンプル作りまでを全て一人で行っていたので、
これが本当にありがたい!!MAYAちゃんいつも本当にありがとう〜〜;▽;

こういったパッチワークは、いつもお願いしている縫製工場では請け負い不可。
MAYAちゃんが、当店で染め上げた生地を自宅へ持ち帰り、裁断から縫製まで担当し、
子育ての合間に、一人で作ってもらってます。ですので、1着出来上がるまでに
時間がかかり、少量しか作ることができません。

受注をいただきすぎると製作に追われてしまい、家族の時間が減ってしまうので、この調整が難しいところ。
仕事と家庭をバランスよく、気持ちよく働いてもらいたいのが当店の方針です♪


試作は、何度も何度もやり直し、、、

数センチ色の配置を変えるだけでイメージや、しっくりくる感じが変わってきます。
何気に、ポケットの位置もすっごく重要なんですよ〜^^;

今回は3重ガーゼ(格子柄入り)で染め分け、前身頃をガツンとパッチワークし、
後ろ身頃はちょこっと裾にアクセントをつけてみました♪

そんなこんなで、完成した秋にぴったりのアイテムです!

かなりいい具合に仕上がりました♪色違いのモノトーンも販売予定です。
お楽しみに〜^^*