uzu

cart

愛知県西尾市の草木染め手作り洋服店。藍染体験も人気。

スタッフ日記パッチワーク作務衣の2020新作完成です♪2020.02.18

なんだかんだで、おそらく2年ぶりの作務衣の新作です。

実は、店頭までお客様が出向いてくださって、
オーダーメイドをしていただくことが一番多いのが作務衣なんです。

今回は、まだまだ少しひんやりする春でも使いやすいように、
三河木綿刺し子織のしっかりとした生地で完成です!!

——————————————

まず一つ目は、「一本刺し子」という生地を大胆に使用しました。

(パッチワーク作務衣/一本刺し子/三河木綿 刺し子織)

ダークカラーが多めの作務衣ですが、あえて薄めの色味で作りたかったんです。
黒糸の刺し子柄があるおかげで、シンプルすぎず、むしろ個性的です。

柿渋染を施したグレーの生地をパッチワークすることで、カジュアルさを演出しています。
ジーンズなど普段のパンツとも合わせ使いやすい、UZUオリジナルの作務衣になっています。

—————————————————-
さらに、もう一つ。
「ベーシックながら、とことんこだわった作務衣」
をテーマに製作した新作です。

(パッチワーク作務衣/本藍染/三河木綿 刺し子織)

まさに、「こだわり」をお求めの男性のかたにはこちらがぴったりです。

貴重となった日本の伝統藍染 “すくも 発酵建て”で贅沢に染色しています。
厚手の生地を染色するのに、何回も重ねて染める作業で手間暇をかけて製作します。

遠くから見ると一見シンプルに見えるこの作務衣ですが、
伝統の麻柄模様と合わせ、独特の雰囲気に仕上げています。

こういったさりげなさが、この作務衣のこだわりポイントです!!

———————————————-

今回は、ATCHが担当してデザインしました。

最近は、ゆったりカジュアルなレディースアイテムの製作がメインとなっていますが、
開業当初は作務衣をかなり製作していました♪

 

開業間もないころ、海外へ自作パッチワーク作務衣を着ていったのを思い出しました。
現在は、子育て奮闘中で屋外のイベント出店などはなかなか行けていませんが、
フェスなどでuzuの作務衣を着てくれる姿も見かけて夫婦で喜んでいたのが懐かしいです。

作務衣の製作は、なんだか初心に返ります♪