uzu

cart

草木染め・オリジナルテキスタイルで作るカジュアルウェア

スタッフ日記日本のエコ染料、柿渋。当店人気カラー/ブラウン&グレー&オレンジの独自ポイント♪2021.06.14

ATCHです。

今日は当店の人気カラー
柿渋染めについてです。

柿渋定番の色味は、ブラウン♪


(バルーンパンツ/ブラウン/三河織物)

同じ染料から、グレーやオレンジも作れます♪

(カジュアルワンピース/グレー/三河織物)

(ゆったりガーゼTシャツ/オレンジ/知多木綿 ダブルガーゼ)

 

シンプルに染めても、なんとも深い色合いで独特のムラ感も含め、印象的な仕上がりになります。

-柿渋染めは、日本で昔から広く使われてきた染料なんです-

そもそそも柿渋とは、渋柿の果汁を1年以上かけて発酵させたもの。
発酵でできる染料はかなり独特の強いにおいがあります。
柿タンニン成分を多く含み、防虫抗菌作用が高いと言われてきました。
(近年の研究等でも発表等もあります。広島大学より引用)

衣類の染色だけでなく、

高血圧や火傷の薬、
家の柱に塗って木材の防腐塗料、
型紙などの生産など

かつてより幅広い用途で使われてきました。

太陽の元、紫外線に当てることで、
ベージュから、どんどんと茶色に発色していきます。

かなり不思議な定着の仕組みですよね♪

また、加えて生地を強くする効果も期待できます。
廃液も少なく染めることができ、まさにいい事尽くし!!??です。

-柿渋は「硬くなる性質」がある-

この特徴を生かして生産できるのが、
伊勢型紙などはじめとする工芸品。
紙がカチカチになって、型紙として使用できるようになります♪

 

-この「硬くなる!!」が当店にとっての課題に-

紫外線は、布に対して一定には当たらないので、
なんとも言えないムラ感が生まれ、独特の風合いに仕上がります。
また繊維に定着すると、

「シャリっとパリッと」

と言う表現がぴったりなのですが、
染めれば染めるほど通常ですと硬くなっていきます。

当店の柔らかいガーゼを使用したトップスは、
お客様から

「とにかく柔らかい肌触りがうれしい!!」

とご感想をいただいてきたので、

「柿渋染とこの柔らかさをなんとか両立できないものか??」

と当初はとにかく悩んだポイントでした!!

柿渋染の抗菌作用や独特の風合いを生かすと、
硬くなってしまう、、、
さらに、においが強い、、、

ということで様々な方法を独自で試行錯誤!

-まず、におい-
これは、近年の技術で、無臭柿渋が開発されていることで解決!
当店は、京都で生産される無臭柿渋を仕入れて使用しています。

-次に硬さ-
これは、かなり色々な方法を試しました。
柿渋を使用する時点で、生地は必ず硬くなりますが、
それをいかに和らげるかがポイントでした。

紫外線に一切当てないようにする!!-

という当店独自の方法に辿り着きました。

開業当時は、こんな感じで屋根に干して発色させていましたが、

 

蒸すことで柿渋の色を発色をさせる職人さんのお話をヒントに、
試作を何度も何度も重ね、
熱処理による当店独自の方法で現在は染色をしています。

(今でも商品の用途やデザインに合わせて天日干しをしています。)

一度柿渋を定着させた布に、
媒染という処理により色味を分けます。

ブラウンから↓
グレーは、Fe(鉄)
オレンジは、Ti(チタン)

にて色味を変えます。
それぞれの特徴を生かし、出来るだけ柔らかい状態で仕上がるように染色しています。

他の染色方法と比べると、最初は多少のハリはありますが、
これはご使用に連れて徐々に柔らかくなります。

——————–

なんとも特徴的な風合いの柿渋染アイテム♪
色味の経年変化もありますが、それもまたご使用の楽しみです♪

排水も少なく、
日本の誇るエコでサステイナブルな染料が柿渋です!!

当店の柿渋アイテムは、シンプルな中に個性を演出してくれます。
ぜひコーデにアクセントを入れてみてください♪

当店の柿渋アイテム一覧はこちらから