日本独自の染色、柿渋のお話2 & 渦エプロン

日本独自の柿渋について前回に投稿させていただきました。

その効能などはこちら

今回はその柿渋についての第2弾です。

まずこちらの画像をご覧ください。

柿渋 鉄媒染

こちらが渦のグレーのタペストリー。

なんとも言えない絶妙な

グレーがかった色が柿渋なのです。

もともと、こんな焦げ茶色の柿渋。

han2-1

では、どうやってグレーにするのか。

その正体こそが、鉄なのです。

鉄??

そう金属の鉄です。

錆びた鉄釘を水に入れた媒染液につけることにより、

化学染料では得られない

なんとも独特なグレーの色合いに変化するのです。

DSC07750 (1)

こちらが渦の新作デザインのエプロン。

黄色がかった部分も柿渋です。

こちらは、鉄ではなくチタンで媒染しています。

その上から藍染を重ねた渦の新作デザインです。

日本で生まれた染色方法、柿渋!

本当に奥が深いですね。

エプロンご購入はこちら

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP