カシミヤの手入れ方法って?? 秋にとっても気持ちいいストールです♪

 

秋に使えるストールを染めています。

カシミヤに加えて、シルクが混合されています♪
カシミヤとシルクは、コットンに比べると草木染めはとっても相性が良いんですよ〜♪
茜染、ザクロ染、藍染で染めていますが、発色がとっても綺麗になります。

カシミヤは、言わずとしれた高級な素材。

こんな中国・モンゴル・イランなど、寒暑の厳しい山岳地帯に生育するカシミヤ山羊から採れる獣毛素材です。
「繊維の宝石」
などと呼ばれることもあります。

”軽さ”と”保温性・保湿性”、”上品な光沢感”などに加えて
”柔らかい”肌ざわりが最大の特徴でしょう!!

とにかく触ると気持ちいいんです♪

 

「高級、気持ちいい素材」ですが、反面メリットだけでなくデメリットもあり、
取り扱いに注意も必要なんです!!!

柔らかいがゆえに、デリケートな素材なんです。

 

しかし、お手入れをしっかりしていれば長く使えます。
まさに、「大事にしながらお付き合いしていく」のがカシミヤです。

お手入れのポイント

①強く擦らない、汚れやホコリをそのままにしておかない事
②シミが出来てしまった場合、そのシミが虫食いの原因に、、、
まず柔らかめのタオルに薄めた中世洗剤を付けて、シミの部分をふき取りましょう。
③毛玉が発生した場合は手で取りはらうか、繊維をハサミで切り取るなどして除去しましょう。
毛玉の除去はカシミヤのお手入れの一環としてお世話してあげましょう。

④クリーニングは、信頼できるクリーニング店にお願いしましょう。
カシミヤ繊維の表面は天然の油脂が含まれており、
それが洗濯によって洗い流されていくことによって、カシミヤのぬめりや風合いが徐々に失われていきます。
知識のあるクリーニング店なら安心です。

 


注意点もありますが、
それでも大人気のカシミヤ素材。

絹と混合の渦のこのストールをぜひこの秋に使ってみてくださいね。

ご購入はこちらから

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP