天然染料、手染め

”天然染料”と”手染め”

渦のアイテムは、すべて天然染料・手染めです。
化学染料には出せない色
手染めだからできる、絶妙な染め方。
天然染料の色は、経年変化があります。
化学染料と比べると色落ちしやすいので、
長くご愛用いただくため、
無料で染め重ね”も行っております。
 

 

【染料】

当店ではこんな天然染料を使用しています。

【藍染:インド藍(マメ科)】
色鮮やかで洗濯による色落ちも少なく、扱いやすい
です。染色中は黄緑色ですが、空気中の酸素に触れ、
酸化することで藍色に変化します。藍は多くの効能
があるとされています。こちらは、体験可能です。
小さいお子さんから体験できるので、ぜひ一度体験
してみてください。

【柿渋(かきしぶ)】
未熟な青色の柿を擦り潰して搾り、一年以上かけて
発酵させたものです。
柿渋液に含まれる「柿タンニン」には防水、防腐、
防虫効果があり、塗布することで効果を発揮します。
紫外線によって酸化が促進され、色が定着します。
染色→天日干しを1か月ほど繰り返し染色します。

【煤染め(すすぞめ)
煤(すす)とは有機物が不完全燃焼してできる炭素
で墨の原料です。油脂やロウソク、菜種油を使った
燈明から採る油煙、松を燃やしてできる松煙があり
ます。
松煙煤を天然糊と混ぜた染料です。

【弁柄(べんがら)】
土から取れる成分(酸化鉄)で紅殻・弁柄とも呼ばれ
インドのベンガル地方より伝来したことが語源です。
陶器や漆器に使われたり、防虫・防腐の機能性から
家屋のベンガラ塗りとしても、使用されていました。
燃焼温度と調合により黄・緑・紫・赤などの色彩が
あります。

PAGE TOP