1歳店長、奮闘記 〜母親は元理科教師?編〜

おれの名は、だるま

達磨と書いて、だるまだ。

この世に生を受けて、今日で1歳と4ヶ月7日。
1歳にして、おれは渦〜uzu〜の店長だ。

先週から、おれは
保育園というやつに通い出した。
後ろは、おれの同クラのレディだ。

母親がいつも送迎してくれるんだが、
朝はいけねえな。
恋しくなっちまって、
毎朝、涙がしょっぺえ。
でも、おれには
母親お手製の藍染布団がある。
多少辛くても、男だったら
我慢しなきゃなんねえことがあるんだぜ。

今日は、【1歳店長、奮闘記 〜母親は元理科教師?編〜】


おれの母親は、元小中学校の教師だったそうだ。
おれを産む前まで、
中学校で先生をやってたらしい。

おれのばあちゃんが高校の理科の先生で、
その授業が、すごく面白くて自分も教師を目指したんだと。

すごく楽しくてやりがいも感じていたらしいが、
中学校の生徒指導が時代遅れすぎてついていけねえ!
って、先生を辞めた。

勢いがいい人だとは思っていたが、
なんという潔さ。
我が親ながら、あっぱれだ。

”見逃し三振より、空振り三振”
精神で、いつも全力投球なのが、
おれの母親のいいところだ。
渦でも、元教師という立場を生かして、
今後も活躍していってもらいたいものだ。

ちなみに、知らない人も多いみたいだが、
おれの母親もダンスをしている。
両親はダンスつながりで、
結婚に至ったわけさ。

かなり、個性的なダンスを目指していたらしい。
やれやれ。
子どもとしては、あんまり見たくないもんだ。笑

次回の1歳店長、奮闘記もお楽しみに。

だるま店長の、奮闘は続く。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP