藍染とインディゴ染の違いって何?

今日は、よく聞かれるお話を。

デニムで、よくインディゴカラーって聞くけど、
そもそもインディゴって何?
藍染と一緒なの?違うの?

「いい質問ですね〜!」

回答は、
似ているけれど、全く違う。

”天然”と”人工物”の違いです。

どういうこっちゃ?というあなたのために、
歴史的な背景と共にご説明します。

——————————————————-

【藍染】藍という植物から採れる天然の染料
その歴史は古く、世界最古の藍染の布は
紀元前2500年〜1200年頃
エジプトのミイラに巻かれていた布が残っています。

え、藍染って日本だけじゃないの?
そうなんです。世界各地で、
藍染は行われていました。

よく耳にする「インディゴ」というのは、
藍染に含まれる青色成分。
インド生まれの藍の品種「インドアイ」が
藍染の原料として世界中で使われるようになり、
「インディゴ」と呼ばれるようになりました。

なんだ、じゃあデニムも藍染も一緒じゃん!

違いますよ〜!
早合点は禁物です。

ある時、人類は気づきました。

「染料作るの、めっちゃ大変じゃん。
インディゴの化学構造を真似すれば、
人工的に染料作れるんじゃね?」

そして、作り出されたのが人工的な合成染料の”インディゴ”
藍染と非常に似た化学構造式をもつ染料
1900年頃から普及しました。

現代使われているインディゴ染のほとんどは、
合成染料です。

つまり、
藍染:天然の植物から採れる染料
現代のインディゴ染:藍染を真似して人工的に作られた合成染料

なぜ、それまで主流だった藍染などの天然染料から
合成染料に変わったのでしょうか?

それは、ズバリ
安い
簡単に作れる
染色を数値化できる
長期保存できる

堅牢度が高い(色落ちが少ない)

あっぱれ、技術の進歩!!

安価な合成染料に比べ、

染料を作るのがめっちゃ大変

均一に染色が難しい
長期保存がきかない
そんな藍染など天然染料は衰退していきました。

よくある話ですね。
ポケベルがガラケーに、
そしてスマホに進化してきたようなものでしょう。

しかし、近年衰退した天然染料が見直されています。
なんで?手間がかかるのに?


それは、天然染料がゆえの
安全
環境に優しい
微妙なニュアンスの色が出せる
薬効がある

やっぱり、手間がかかるし、コストがかかっても
合成染料に負けないところはたくさんあるんですね。

過去に使われていた合成染料で
発がん性物質を生成する可能性があるとして
現在は使用を禁止された事例もあります。

つまり、どっちにも良さもあれば、
欠点もあるということ。


日々考えていること。
それは、
昔と今、両方のいいとこ取りができたら、
一番いいな〜と思います。

夫婦共々、デニム大好きなので、
バリバリはきます。
合成染料のやつです。笑
ヒートテックだって着ますよ。
だってあったかいですから。笑

でも、師匠の藍染の作品に出会った時の衝撃は
忘れられません。
藍染って、こんなに素敵なんだ!
の一言でした。

どっちも大好きなんです^^

だから、渦のテーマは

〜A BRAND NEW OLD SCHOOL〜
古いを生かして、好きを創る

以上、藍染とインディゴ染の違いって何?でした。

関連記事一覧

  1. ちょいカフェ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP